花咲ガニの基礎知識

ハナサキガニ(花咲蟹)の基礎知識。

タラバガニの近縁種で食用に漁獲される。
名前に「カニ」とあるが、ヤドカリの仲間に分類される。

甲幅・甲長とも15cmほどで、甲殻類としては大型だがタラバガニほどではない。
甲は後部中央が少しへこんだハート型をしている。
また、タラバガニよりも体のとげが長く、脚は太く短い。

和名の「ハナサキ」は、
漁獲地となっている根室の地名「花咲」に由来するとする説が有力であるが、
茹でたときに赤くなって花が咲いたように見えることからとする説もある。

また、コンブの生えている海域に生息することから、コンブガニの別名もある。
<花咲ガニの分布>
花咲ガニの分布範囲は、
ベーリング海からオホーツク海沿岸、サハリン、千島列島で、
北海道周辺では納沙布岬から襟裳岬付近の太平洋側と、根室半島のオホーツク海側に分布する。

漁獲の中心は納沙布岬周辺海域が中心となる。
近縁のタラバガニ、アブラガニと比べると狭く、分布する水深も200m程度までと浅い。
<花咲ガニの生態>
花咲ガニは、4月下旬から7月に産卵を行い、1年間の抱卵の後、放出される。

幼生の孵化は3月下旬から4月中旬で、
6月にメガロパ幼生となり7月を過ぎた頃に第一齢稚ガニ(2.2mm程度)となって着底し、

1年後に10mm程度、2年後に20mm程度に成長する。

孵化から、3年程度は潮位変化により露出する潮間帯域に生息し潮溜まりなどで見ることもある。

その後は、水深50mから200m程度の海域に移動すると考えられ、
花咲ガニのメスは孵化後6年(19齢期)で成熟する。

採集した個体の調査から、動物質の餌ではなく主にナガコンブ、サンゴ藻科のピリヒバを食べていると考えられる。
<花咲ガニの利用と放流>
花咲ガニは、タラバガニやアブラガニと同様重要な食用種で、沿岸域では盛んに漁が行われる。

200海里制度導入以前の1977年以前は年間1000トン程度の漁獲高があったが、

現在では100トン程度である。

かつて、花咲ガニは、乱獲による資源減少のため1981年から3年間の禁漁が行われ、
同時に人工育成種苗(放流用)の開発が行われた。現在では人工育成種苗が放流されている。

かつては漁期漁法に制限はなく捕獲されていたが、
1968年(昭和43年)からは漁獲量制限を行い、
10トン以下の漁船によるサンマを餌としたカニ篭漁により捕獲される。

漁期は漁協により異なるが釧路では3月15日から7月31日まで、根室では7月から9月。

主要漁場は水深30~50mで漁獲対象となるのは甲長8cmを越えるオスだけであるため、
雄雌比に著しい偏りが生じている。

結果、安定した繁殖に影響を与えていると考えられる。
<花咲ガニの料理>
漁期の関係から旬は夏から秋。
殻が硬くて棘も多いので、殻を剥く際はキッチンバサミなどの使用が望ましい。

大味と評されることもあるが、脚の肉が太く身も多い。

ただし油分が多く味が濃厚であることから大量に食べるには向かないとも言われる。

とくに刺身など生で食べる場合は油分に加え、独特の甘い香気があるため尚更である。
塩焼、塩茹でなどの他、脚のぶつ切りを味噌汁に入れた「鉄砲汁」なども作られる。