カニとは人に奢ってもらうものby愚妻

 

なんでも、自分では買わないが奢ってもらうと嬉しい食べ物は、
カニ料理!なんだそうだ。

何かの女性誌でも読んだし、
我が家の愚妻も時々「嗚呼、カニを死ぬほど食べたい・・・」と口走る。

まぁ、大抵、そんな時は、ストレスが溜まっている時なので、
こちらとしては、かなり気を使う羽目になる。

これからの時期、お歳暮で贈られると嬉しいのは、
やはり、カニだろう。

毛ガニ、ズワイガ二、花咲ガニあたりがメジャーどころかな?

紅ズワイガニや越前ガニと呼ばれるのは、所謂、ブランド蟹らしい。

ブランド蟹とは、なかなか、大層な呼び名であるが、
地方によっては、カニで村おこし、町おこしをしているとも聞くので、
案外、馬鹿にならないお話である。

我が静岡県から出ているバス旅行の企画でも、
福井県への越前ガニ食べ放題バスツアーなるものもあったりする。

バスツアーでないにしろ、弟夫婦などは乳飲み子を連れて、
いざ、越前ガニ食べ放題!と出掛けて行ったこともある。

お歳暮とカニは、切っても切り離せない関係にあるようだが、
まぁ、時期的にカニ漁が解禁になったり、
鍋などの具材としても重宝するので、やっぱりお歳暮なんだろうね。

カニを食べると、大抵の人は無口になるから、
あんまり話すことが無い場所に出向く時には、カニでも持って行くのも良いだろう。

お歳暮を贈っておいて、自分で食べるという荒業もあるかも知れない。

・・・が、まぁ、それは気心の知れた間柄に止めて置くことをお薦めしたい。

うう~ん、美味しいカニが食べたくなって来たね、こりゃ。