ズワイガ二の基礎知識

ズワイガニ(楚蟹)の基礎知識

ズワイガニは、深海に生息する大型のカニで、重要な食用種でもある。

ズワイガニの「ズワイ」とは、
細い木の枝のことを指す古語「楚(すわえ、すはえ)」が訛ったものである。

漢字では津和井蟹とも書かれる。
<ズワイガ二の生態>
ズワイガ二は、山口県以北の日本海と、
茨城県以北からカナダまでの北太平洋、オホーツク海、ベーリング海に広く分布する。

水深50~1200mほどの砂泥底に生息するが、
おもな生息域は水深200~600mほどの深海で、水温は0~3度程度の水域を好む。

ズワイガ二の産卵期は、初産6~7月、経産2~4月。

深海域に生息するため、
脱皮、季節移動、寿命など生態の解明は十分におこなわれていないが、
オホーツク海での調査では、脱皮は春で季節により生息域が変化し、雄雌で生息水深が異なっていた。

食性は雑食性だが肉食が強く、貝類や多毛類などを捕食する。
また、海底に落ちた魚介類や海洋性哺乳類などの屍骸、脱皮した自分自身の殻も食べる。

産まれてから親ガニになるまでに約10年を要し11齢で漁獲可能サイズの90mmを超え、最終齢からは4年程度生存する。

最終齢までは脱皮すると損傷した足は再生する。

交尾後産卵された卵は、抱卵され(腹節の内面にある腹肢に付着)1年から1年半経過すると、孵化しプレゾエアとなり放出される。

放出後、親は短期間で再び産卵するとされている。
従って、成熟した雌は生涯の殆どの期間、卵を抱いている。
また、1回目の交尾のときの精子は、
雌の体内にある貯精嚢(受精嚢)に保存され少しずつ使用される。

飼育実験によると、ゾエア幼生からメガロパ幼生期の適正飼育水温は9~14度程度、
100日から120日で稚ガニとなり着底する。

2003年に若狭湾で行われた調査によれば、
雌ガニは66,000粒程度の卵を抱き、放出する。

放出数は高齢のカニほど減少する事が報告されている。
<ズワイガ二の特徴>
ズワイガ二の体色は全身が暗赤色をしている。

ズワイガ二の甲羅は三角形で、鋏脚と第5歩脚は短いが第2~4歩脚が長く、
大きなオスが脚を広げると70cmほどになる。

ズワイガ二のオスの甲幅は最大1cmほどだが、
メスはその半分くらいの大きさである。

メスが小さいのは、短期間に産卵、抱卵、幼生放出を繰り返すので脱皮ができないためといわれる。

オスとメスの大きさがあまりに違うためか、多くの地域でオスとメスに別の名前がつけられている。

エチゼンガニ、マツバガニ、ヨシガニ、タイザ(タイザガニ)などはオスを指し、
メガニ、オヤガニ、コッペガニ、コウバコガニ、セコガニ、セイコ(セイコガニ)、クロコなどはメスを指す。
<ズワイガ二の食用>
ズワイガ二は、冬の味覚として人気が高い。
体色は暗赤色だが、熱を加えると赤くなる。
塩茹でや蒸しガニ、カニ鍋(カニスキ)などで食べられ、新鮮なものは刺身にしても食べられる。
缶詰などの原料にもなる。

上品で甘みがある肉とこってりした味の中腸腺(カニミソ)、メスの卵巣(内子)も食用にする。

甲羅によく付着している黒いつぶつぶはカニビルの卵で、
これが付着しているカニは脱皮後の時間が長いことを示しており、身入りが良い証拠とされることもある。
ズワイガニは冬の味覚の王様といわれるほど人気が高い食材であり、
関西地方では、旅行代理店などが温泉地と結びつけたツアーを商品として扱っている。

北海道・北近畿・北陸・山陰にはズワイガニ需要によって発展した温泉地も多い。

これらの温泉地は冬場に最も集客が見込める。

一部の地域の漁港ではズワイガニをブランド化する動きもあり、
脚に色違いのタグを取り付けるなど販売に力をいれている。
ブランド化はズワイガニとは異なるカニであるとの誤解を消費者に与える場合がある。

地域ブランドの一例

☆松葉ガニ
☆越前かに
☆間人ガニ(たいざガニ)
☆津居山ガニ
☆加能ガニ(かのうガニ)